まるごとの「ある」を感じる

目の前にあるものに意識を向けなければ

興味を持たなければ

それはないのと同じ。

何も感じないし、

漠然とした風景となってしまう。

 

 

たとえば、美しく咲いたばかりの花に目を向けることはあっても

咲き終わった花に目を向けることはあっただろうか?

 

 

花が終わり、

そこでは次の準備が始まっているし、

枯れ落ちた葉っぱのそばで

別のいのちが生きている。

 

あらゆる段階のすべての美しさを感じてみる。

 

 

そこに存在することのすべて、

まるごとの、「ある」を感じてみる。

 

 

なくなったように見えても

いのちは連なり、そこにある。

 

 

でも、感じなければ

そこには「ない」のと同じ。

 

「ある」ということは振動すること。

 

 

共に振動することで、

そこに交流、交歓がおきる。

 

 

共鳴や刺激や反発や変化が起きる。

 

 

たとえそれが心地よくないものだとしても。

反応しているということは

振動しているということ。

 

 

それが共に生きているということ。

 

 

そして、共にあらたないのちの響きを創り出すこと。

 

多様性を喜ぶということ。

 

 

まるごとの存在を感じながら。

 

 

ヴァイブレーションヴォイス講座

プロのアナウンサーを約30年養成し、セラピストも養成している仙台のフリーアナウンサー及川徳子によるオリジナルの講座です。どなたにも有効です。
9/22(日)参加募集しております。