「私は美しさを表現し共鳴を起こす」ヴォイススキャンセッション

今日はAさんのヴォイススキャンセッションでした。
まずは6秒間お名前を録音します。

 

 

Aさんはもともとエネルギーに敏感で
以前ワンディヴォイスでヴォイススキャンをやった時も
視覚優位で、物事の本質を見抜くとかいう上の方のチャクラが活性化していました。

 

 

ヴォイススキャンは「その時」の状態を相対的に見るのですが、
その個性はそのままに、
「行動」というところが、以前より強くなり活性化しています。

「行動しよう」という意思が大きくなっているとAさんも言っていました。

 

それと同時にいろいろな事を考えていたようですが。

 

 

Aさんに何が好きなのか聞いてみました。

 

例えば美しい夕焼けなどの色合いが大好きで
その美しさを見ていると、ここに存在していていいんだ、許されているのだと感じるのだそうです。

 

そこで「私は美しさにゆるされている」と録音してみました。

 

 

表面意識の喜びが大きくなり
潜在意識の全体が立ち上がってきて
自分というものも少しあらわれてきています。

 

ふんわりと幸せな感じ。

美しい色合いが好きなので
やはり視覚の部分は活性化しています。

 

 

Aさんは会社でPOPのデザインやアレンジを担当しているのですが、
仕事は好きだけれど自分の才能にあまり自信がもてなかったそうです。

 

でも好きなことなのでもっと自分を磨きたいと色彩の勉強を始めていました。

 

 

何が自分にとって喜びなのか、何をしたいのかを色々お話していたら

「私は自分が美しいと思うものを表現して伝えて
相手の人が美しいと感じてくれると嬉しい、そしてそれが伝わると嬉しい」
という言葉が出てきました。

 

そこで、その想いをもっと短くまとめてあらわすと

「私は美しさを表現し共鳴を起こす」というフレーズに集約されたのです。

早速録音してみました。

 

 

わぁ!!波形が全然違います。

 

本当に嬉しそうで、身体の奥深くから振動しています。

表現したかったのですね!
そしてそれによって共鳴したかったのですね!!

 

Aさんの気持ちがそのまま波形にあらわれています。
Aさんが望んでいたのはこれだったのです!!
(今までもきっとやりたかったのに、それを自信がなくて無理って思ったり
抑えてきていたのですね)

 

 

この波形を見ていたらAさんと二人で嬉しくなって涙。

 

 

身体の感覚がオープンになり、
自分の個性というものがしっかりと立ち上がってきています。
そしてそれをやることが多くの人を幸せにしていく感じです。

 

 

実際この言葉を発した時、自分の内側があたたかくなったとAさんは言っていました。
深いところが振動すると体感でわかるんですよね。

 

 

このアファーメーションを普段から唱えていると
きっとチャクラも活性化することでしょう。

 

 

Aさんの魂のプログラムは明らかに「癒し」の人。

 

 

エネルギーに敏感だったためにかつては人にふりまわされ
自分をオープンにするのが怖かったかもしれません。
でも成長して、自分が定まることで
Aさんは自分が開いて、喜びと才能を表現し、
人と寄り添い、繋がり、共鳴し
そこから人が癒され、立ち上がっていくようになるのでしょう。

 

もう、許可を出したから大丈夫。

 

 

ちなみにAさんはかつてピアノをやっていて
久々にキーボードを購入し、
ドラムを叩きたいという欲求が出てきているということで
「ドラム」(左)「ピアノ」(右)で録音してみました。

 

 

ドラムと言うとコミュニケーションのところががぜん活性化します。
なんでだろう?面白すぎる。

 

もしかしたら身体をつかって振動させることで
ハートのチャクラが振動して自分を解放出来るのかも。

ドラムをやることで怖がってたハートがどんどん開いていきそうです。

そしてピアノは・・・ずっと好きだったのですね~。
ピアノを弾くと喜びが倍増しそうです。

 

いずれにせよ音楽をやることで
相手に寄り添い、コミュニケーション力がアップしそう。

 

 

波形を見ていたらAさんがこれからどんどん変化していきそうで
すごく楽しみになってきました。

 

 

声って本当に面白いです!!

 

 

ヴォイススキャンセッションは街中のカフェなどで行います。
詳しくはこちらをご覧下さい。

ヴァイブレーションヴォイス講座

プロのアナウンサーを約30年養成し、セラピストも養成している仙台のフリーアナウンサー及川徳子によるオリジナルの講座です。どなたにも有効です。
3/12(木)ご参加の方を募集しております。
詳しくはこちらで。
お申し込みは一番下のフォームからお願いします。