わきたつ細胞を感じる

今更だけど年始に有名コミック「働く細胞」を読んでいた。

 

ずーっと前から知ってたのに読んでなくて
突然「今」って感じがしたので
「はたらく細胞」だけでなくスピンオフの「はたらかない細胞」「はたらく血小板」
「はたらく細菌」「はたらく細胞BLACK」を一気にまとめ読み。

 

おかげで自分の身体をかなり感じられるようになった。

 

 

いちいち「赤血球さんが酸素運んでくれてるな~」とか、
白血球、キラーT細胞、ヘルパーT細胞、NK細胞が働いているんだなぁ〜とか、

手術した時は血小板ちゃんがフィブリンの網掛けしてかのかぁとか、

マクロファージが今も赤芽球を教育してるんだなとか、

ウェルシュ菌とビフィダム菌、乳酸菌が闘ってるとか、
「ロンガム菌は今日も酢酸作ってんのか」とか、
大腸菌の働きもありがたいとか、

思わず皮膚を掻いちゃった時には、
「あ、表皮ぶどう球菌ちゃんのとこに黄色ぶどう球菌が来たか?」とか

「うんこ列車走った~っ」!とか

今日健康診断に行って採血した時は
「わーっ、赤血球が沢山吸い込まれた~」とかね。笑

 

読んだおかげで細胞や菌達と共生しているというか、
それぞれの意思を持った「私を構成する存在」をよりリアルに感じるようになってきた。

 

風の時代のスタートを節目に珠ちゃんの朝の瞑想会に参加するようになったんだけど、
先日も細胞や菌とか私を構成する全てが
光の中でわき立つように振動して喜んでいるのをリアルに感じた。

 

イメージ出来ると感じ方がより鮮明になるなぁ。

私達は光の振動波の集合体で、
私であるすべてが光として振動している。
身体の内側でも外側でも。

 

 

そういえば看護師の友人がヒーリングする時に
血液の流れをイメージしているとヒーリングしやすいと言ってたし、
ヒーリング出来る整形外科医は骨や筋肉のイメージがリアルなので
ピンポイントでヒーリングし、治療効果に即効性がある。

日本酒とかワインを好きな人の方が
すごくデリケートにヒーリングで味を変えられるのと一緒。

 

 

ところで、新年3回めの今朝の瞑想会はそれぞれのチャクラの光の誘導だったんだけど
ひとづ気づいたことがある。

それは自分のチャクラの感じ方が甘かったこと。

 

ヒーリングする時や伝授の時はチャクラの光を感じているけど
それはかなりざっくりしていた。

 

自分が光に満たされ、光として振動し、
すべてのチャクラが調和して
宇宙と一体化して広がるのはよく感じるけど、
具体的なエネルギーの動きとしてのチャクラとかは
明確に意識していなかったことに気づく。

 

自分の肉体はかなり感じるようになっていて
宇宙も感じるようにはなってるけど
それを繋ぐというか、間にある流れというかフィールドというか
とにかくチャクラに対する認識がかなりぼんやりしていたというのが今日の気づき。

 

ってことは、色合いだけじゃなく、振動や、エネルギーの動きを
もっと意識してみよう。
チャクラハミングしながらやるとよりいいかも。
って思った。

 

 

そういえば「はたらく細胞」のTVアニメ第2期と
「はたらく細胞BLACK」のTVアニメが
ちょうど今年1月から放送なんだね。

意外に私タイムリーだったのか?

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。