仏教は面白い!お寺でふぅ~開催

昨日10/23は蓮臺寺で開催のイベント第4回お寺でふぅ~でした。

ほんと、仏教面白いわ~。

まずは北野宥範ご住職の法話「四苦八苦の生き方」
人間の一生をお釈迦さまはどう受け止めたのか?
でスタート。

 

「生老病死」の四苦と
愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を合わせての八苦。
とはどんなものか。

そして、そこから心穏やかにしていくために
四諦法門・苦諦、集諦、滅諦、道諦がある。

すごくざっくり言うと
なぜ苦しいのかの根源を明らかにして、
探求して、その原因をしっかりと見極める。

 

でも、この原因追及だけで終わってはダメで
そこから改善の方法を探求し、どうやって豊かに暮らすかを思い描き
(しっかりと素晴らしい未来にフォーカスし)
それによって苦しみのもとを滅し、
より幸せに生きるための道、悟り・解脱へと向かう。

 

そして、そのために「八正道」がある。
しかもそれは表面的なものではなく、
いかに内なる本質に繋がっていくかということ。

それは善悪の判断の「正しいこと」ではなく
内なる本質にしたがった「正しい」道。

それをとても丁寧に、わかりやすく、そして楽しくお話下さったのでした。

その後蓮臺寺所蔵の数々の貴重な掛け軸が一挙展示されていたのを見る。

 

胎蔵界曼荼羅なんて、もうめっちゃ近寄って細かいところまで見たら
星座が描かれていたり、様々な仏様がいて、
こんなに細部まで見たことないわ~!!
本当にそこまで見られたのが感激!!

本当にすごくて美しかった~。

 

会場内は撮影禁止なので、
蓮臺寺さんからの画像をお借りしました。

 

 

おふるまいの具沢山の豚汁と新米のおむすびをいただいた後は

蓮臺寺院代柴田宥諦さんによる「涅槃図を読み解く!!」

 

仏教絵画は法要なので拝む対象で、
その中でも有名なのがお釈迦様が入滅された時の情景をあらわした図。

お釈迦様のまわりには
菩薩様、天部、弟子、大臣やそのほかの鳥や獣が嘆き悲しんでいるけれど、

その絵図に描かれている満月の意味とか!
(お釈迦様がなぜ2/15の満月を選んで入滅されたかとか!)

お釈迦様のお母さまの摩耶夫人が駆けつけていることや

描かれている弟子のエピソードとか

沙羅双樹の枝にかかる錦袋のこととか

もう沢山「へ~!」「ほ~!」「そうなんだ~!」がいっぱいで
まさにラジオの「蓮臺寺お寺でふぅ~」のコンセプトと一緒でした。

あ~面白かった!!

 

北野ご住職といい、宥諦さんといい、
お坊さんって本当にお話がうまくて面白くて引き込まれるわ~。

 

そしてその後は本堂外陣で行われるヨガ。
講師はもちろん、いつも寺ヨガをやっているぷりちゃんこと坂本真由美さん。

お寺でふぅ~ならではですが、
本堂のご本尊の前という神聖な場所でヨガが出来るなんて
本当に貴重で幸せ!

 

身体の中から活性化してあたたまったのでした。

その他今年も、四国八十八か所お砂踏みや、写経
数珠づくりや、エンディングノート、無農薬野菜販売、ボディマインドセラピーとか
一日お寺でゆったり楽しめる一日だったのでした。

こちらはエンディングノートファシリテーターの南博之さん

このお寺でふぅの内容を毎回企画しているのは
寺嫁の福岡千幸さん。
TBCラジオ「蓮臺寺お寺でふぅ~」のパーソナリティで私の相方です。
(季節ごとの番組になっちゃったので、次回放送は来年1月です)

千幸さんの発想と企画力と人を巻き込むイベンターとしての才能が素晴らしくて
いつも感動しています。

すでに来年の構想もあったりして!!面白いの~。

最後は千幸さんとヨガ講師ぷりちゃんと3人で。

充実ですごく楽しかった「お寺でふぅ~」でしたぁ~!!

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。