目から鱗!気づきが起きて心も軽やか(ヴォイススキャンセッション)

先日仙台かさこ塾同期の千坂恒浩さんの
ヴォイススキャンセッションを行いました。

まずはいつものように6秒間お名前を録音します。

男性に多いのですが、表面意識は全部バランスよく出ていて
全感覚を使っています。

で、潜在意識を見ていくと・・・

体感覚優位の方。
体感や経験で腑に落として選択していく方。

そして無邪気で感覚的。

そして自分軸のところが強いので
ご自分独自の世界があって
ご自分の感覚に正直に自分を出していった方がいいタイプです。

 

 

魂のプログラムを見ると
細かいところまで気が付いて繊細。

そして言葉を使って発信できる人。
これも独自の世界の言葉を持っているのだと思うのです。

智慧を使える方ですが
ややもするとちょっと考えすぎてしまうかもしれません。

癒しの資質も持っています。

さて、アファーメーションを探していたのですが
「私は永遠(とわ)に輝く太陽である」と言った時に
内側から喜びが沸き上がってきています。

実際に千坂さんご自身がそれを感じられて
胸にくるものがあったようです。

 

ヴォイススキャンをやるとわかるのですが
「言葉そのものというより、
その言葉の背景にある(言葉に象徴される)その方の想いとか感覚が波形となってあらわれるのです。

伊達政宗の辞世の句の話もしていたのですが、
千坂さんがどう生きたいかというのがとてもあらわれていました。

 

 

そのあと様々な言葉を録音して、感覚の違いをみてみました。

こちらは「楽しい」(左)と「喜び」

楽しいは内側が振動してすごく楽しそうなのに
実は表面意識で抑えている感じ。

 

「楽しい」はご自分の感情で主観。

ほんとはもっともっと無邪気にあらわしたいのに
どこかで制限をかけて、あらわすのを遠慮しているかもしれませんね。

でも「喜び」になると、
それは自分も周りも含まれるので
そのまま素直に振動している感じがします。

 

さらに「悲しみ」(左)と「憎しみ」(右)を録音してみました。

どちらも波形が似ています。

千坂さんの中で憎しみという感覚の根底にあるものは
悲しみに似た感覚なのかもしれません。

表面にあらわれた感情だけでなく
もっともっと深いところに千坂さんの人生に対する感覚がある感じがしました。

千坂さんご自身がご感想を書いてくださっているのでシェアしますね。

自分の言葉に対して出てくるグラフを観察すると、
「まあ、そうだろうな」と納得する部分もあるのですが、
それ以上に「えっ、自分ってこの言葉にこんな風に反応しているんだ・・・!」
目から鱗が落ちる場面が何度もありました。特に今回収穫だったのは、自分の力を発揮するパターンについて。
私は長年「自分は他者や社会へ貢献したいという気持ちが薄い」ということで悩んできました。

しかし、ひとには大きく分けて

1 人が喜ぶと自分が喜び 人のためになるタイプ と
2 自分が喜ぶことこそが喜びで その活動が結果的に人のためになるタイプ

があるらしく、ヴォイス・スキャンを見ると私は明らかに後者のようでした。

後者はともすれば、自分勝手にも見えますが、それを否定して自分を殺してしまうと、
意欲が減退して何もできなくなってしまいます。

私はタイプ2を否定するつもりはなかったのですが、
いざ自分について考えると「それは自分勝手なだけなんじゃないか」
と考えて身動きがとれなくなる。ということを繰り返してきました。

今回、そのことに気がつくことができたので、今後はいろいろと動きやすくなると思います。心も軽やかです。

セッションではほかにも
・自分に力を与える言葉を探す(アファメーション)
・自分に力を与える色を探す(これは、正直あんまり興味はなかったのですが、試してみると非常に効果がありました・・・)
・自分の心のひっかかりを外す

といったインパクトのある体験をさせて頂き、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。

千坂さんありがとうございます。

千坂さんは普段から深く様々なことを探求されていますし
独自の世界をお持ち、とっても魅力的な方です。

それを表現して行動していった方が千坂さんの個性がいかせると思います。

 

これからの千坂さんが楽しみです。

 

ヴォイススキャンセッションは街中のカフェなどで行います。
詳しくはこちらをご覧下さいね。

ヴァイブレーションヴォイス講座

プロのアナウンサーを約30年養成し、セラピストも養成している仙台のフリーアナウンサー及川徳子によるオリジナルの講座です。どなたにも有効です。
6/23(日)参加募集しております。