ホリスティックに生きよう!

昨日は「Be Holistic in Sendai ~ホリステックに生きよう~」でした。

ホリスティック・・・全体性
それは心(MIND)・身体(BODY)・魂(SPIRIT)の調和がとれていること。

 

そして人間は無限の可能性に満ちている。

 

その仕組みを知れば知るほど
この世界と私達の存在に感動します。

 

日本に「奇跡の治癒力HEAL」を紹介された
ホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパン校長の平田進一郎氏が
制作指揮をとられた映画「THE CHOICE~生きるための選択~」
そして平田氏の講演によって
特に食と心が掘り下げられていきました。

 

現代社会において私達はまったく添加物がないものや
完全に自然と調和したものを選んで食べるということは
ものすごく難しいです。

 

そんな中で何を選び、どう消化していくか。
本当の栄養は何を食べたかでなはく
何を消化吸収したかで決まるというお話。

 

(酵素と三大栄養素、ビタミン、ミネラルの関係を
大工さんと材料、道具を例にして解説していただいたのは
とてもわかりやすかったです。)

 

それは一言でいうと酵素力がものすごく大きく
しかもそれには私達の意識が多大に影響するということ。

 

 

一生治らないと言われた多発性硬化症がファスティングによって治癒したり
鬱から回復してくるプロセスが語られますが
それはもちろん行為の選択だけではないのです。

 

 

これからはますます全体性、ホリステッィクが重要なのだと感じました。

 

 

また今回のイベントでは映画監督の井口昭久氏のご挨拶があったのですが
監督はずっとカレッジの授業や講演も映像に収め続けていらしたそうで
その理解や想いが映像にこめられていました。

 

私は平田理事長の講演を受けて
心・身体さらに魂までのお話をしました。

 

自分の癌のステージ4から
どんなふうに自分と向き合い、気づき、行動し
の奇跡という名の必然の治癒が起きたか。

 

私達という無限の可能性と素晴らしさを持った存在について。

 

魂はどんな時でもいのちの歌を歌い
いのちはどんな時でも輝いていること。
そんな想いをお話しました。

そして最後はみなさんからの質問にお答えしながら
さらに深めていく時間

1日という長い時間のイベントでしたが
私達というホリステッィクな存在の素晴らしさを
あらためて感じられる時間でした。

 

 

このイベントをやろう!と決めて進めてくださった
主催のMMMプロジェクト代表の武藤晃さん

そして素晴らしいファシリテーションを果たしてくださった
司会の齊藤緑さん

スタッフのみなさんと

さらに協力してくれた仲間達

イベントの後の打ち上げでは、

さらにイベントを掘り下げていくような深くて濃いお話になりました。

平田氏はもともと目に見えないエネルギーやスピリチュアルの世界の興味から
栄養学、酵素の研究に深く入り込まれたそうだし、
ホリスティックセオロジー(神学論)も学んでいらっしゃいます。

現代のホリステック栄養学はますます量子生物学などにより
もっともっともっと掘り下げられ、どんどん進化しているそうです。

あまりに専門的なのでそこまではイベントでは出来なかったとのことですが、
まさにそっちの方が私の興味があるところなので、
今回のイベントの先の講義やワークショップを開催していただけたら
ものすごく嬉しい!!!って思っています。

深い深い次なる段階の映画とかイベントを期待しています!!

最後にご参加下さったみなさま
そして関わってくださったみなさま
本当にありがとうございました。

素晴らしい1日になりました。

真理のプログレス講座

プログレス講座15期はこの秋開講予定です。
日程調整可能ですのでご希望の方はご連絡下さい。