「自分をあらわしながら共に成長する」ヴォイススキャンセッション

先日Jさんのヴォイススキャンセッションを行いました。

 

 

まずはいつものように6秒間お名前を録音します。

 

顕在意識や全体を見ると身体の感覚が強いのですが
深いところを見ていくと
ハートのチャクラのところを中心に
共鳴、共感、寄り添うというのが強いですし
頭で考えるところも強く出ています。

 

 

Jさんは看護師さんなのでなるほど~と納得です。

 

 

客観的に状況を判断しながら
目の前の人にやさしく寄り添っていらっしゃるのでしょう。

 

そして意識的に皮膚感覚を使い、行動していらっしゃるのですね。

 

 

Jさんの魂のプログラムを見ると
「いのちの言葉」のプログラムが一番強いので
智慧の言葉、いのちの言葉を使って人を導いていく方です。

 

 

実際に職場でもずっと指導的立場でお仕事をされて来ているので納得です。
素晴らしい婦長さんだったのではないでしょうか。

 

 

そして、Jさんのもうひとつのプログラムは「癒し」なので
患者さんはJさんから癒され、言葉はとてもやさしく響いていたことでしょう。

 

 

さて、色々とアファーメーションを録音してみました。
「私は自分を大切にする」

 

 

自分自身に意識を向けたとたん
自分自身の個性と身体が深いところから振動しています。

 

わかりやすい!!

 

きっと楽しくなってきているはず。

 

 

 

そして、「本来の自分をあらわしながら無限に成長する」

 

 

自分をあらわしていくという波形が一番強く出ています。
思考が静まり、自分の個性の楽しさを出しやすくなっている感じです。

 

 

さらに「自分をあらわしながら共に成長する」がこれ

 

 

自分がとっても喜びながら
目の前の人に寄り添っていく、共に成長するっていうのが
両方そのままあらわれています。

 

 

自分だけではなく「一緒に」というJさんらしさが出ています。

 

 

 

実はJさんは新しい職場に移り、現在様々な現場を見ているのですが、
介護の職場に行った時に、
介護の職場で働く方の専門性と、看護の職場でのご自分の専門性を融合させられたら
より素晴らしいものを提供出来るのではないかと思われたそうです。

 

 

どうしても介護は介護、看護は看護と分離してしまいがちですが
両者の素晴らしいところを共に補い合い、成長できたら
患者さんにとっても、提供する側にとってもよいし、
世界はより豊かで素晴らしいものになるはず。

 

それを感じられたそうですし、Jさんだったらそれが出来ると思います。

 

 

まして新しい職場はあらたに出来た施設なので
Jさんは指導的立場ですし、まったく新しいものを創造していけるのではないかなって
お話を伺っていてわくわくしてきました。

 

 

Jさんのプログラムには「基礎・土台を創る」っていうのもあるので
まさにこれからやろうとしていることなのではないでしょうか。

 

 

 

Jさんの未来に向かうエネルギーもあきらかに「貢献」なので
これからのJさんの活躍がとっても楽しみです!!

 

この記事アップの後Jさんからご感想をいただきました。

徳子さん有難うございました。

ブログを拝見して、これって自分のことなんだな~って、改めて見つめ直してしまいました。

今までは、自分の考え方や感じ方にいつもどこかで迷いや自信のなさがありました。

でもボイススキャンの結果が、私の言葉から発信された正直な自分の表れなのであれば、もう迷わず行動あるのみです。

素直な気持ちで自分自身を表現し、関わる周囲の人達と互いに成長し合う。

この姿勢を大切にしながら、これからの人生を更に深めて行きたいと思います。きっと結果も後から付いてくると信じています

 

そうなんですよね。
よく誰かに「あなたなら出来る」とか言われても
本当に?って疑ってしまうことがあります。

でも、ヴォイススキャンは声、身体の振動を録音して画像化しているだけなので
嘘偽りなくあなたのものなんです。

あなたの中にあるもの。それだけ。

なので、それを認めやすいですよね。
是非認めてあげてください。
だって、あなた自身の響きなんですから。

ヴォイススキャンってこういうところが本当に面白いな~って思います。
ご感想ありがとうございました。

ヴォイススキャンセッションは街中の静かなカフェなどで行います。
今現在のあなたの状況や才能はもちろん
人生のテーマである魂のプログラムも一緒に紐解き深めていきます。

詳細、お申し込みはこちらで。

真理のプログレス講座

プログレス講座15期は10/27(日)開講決定!
残席2名です。
ご参加お待ちしております。