言葉がそのまま身体の振動になる。ヴォイススキャンセッション

先日福島からお越しくださったKさんのヴォイススキャンセッションを行いました。

 

Kさんは昨年の10月にワンディヴァイヴレーションヴォイス講座を受講して下さり
久々の再会です。

 

まずはお名前を6秒間録音して、10月の波形と比べてみます。

 

ヴォイススキャンは相対的に見るので、以前あった波形が少なくなったのではなく
他のところがより強くなったと見ていきます。

 

Kさんの場合、コミュニケーションの部分が全体的に強くなり
人に寄り添い、そして伝えていくっていうところが顕著に変化していたので伺ったところ、
講座の後コミュニケーションに意識するようになったとのこと。

 

 

Kさんは接客業なのですが、これからセラピストとしての勉強を始めようとしているところでした。
なるほど~。

 

 

魂のプログラムを見ても「癒し」のプログラムがあるし
「いのちの言葉」のプログラムが一番にあるので
伝えていくというのはとても合っていると思います。

 

 

そしてひとつのことに向かう集中力があって
やる気があるので、どんどん行動していくのでしょう。

波形を見ても行動力のところが強く振動しているし。

 

 

 

さて、アファーメーションですが、
さすが「言葉」のプログラムの人。
次から次へと言葉が出てきます。

 

かたっぱしから沢山録音してみました。

 

その中から「私はひたすら喜んでいる」(左)
「私は無我夢中に喜びを感じる」(右)

どちらも嬉しそう!!

 

「喜び」って言葉を使うとKさんは素直に身体が振動します。
そのまま喜んでいるっていうのが出ますね~。

 

 

「私はいつも自信を持って堂々としている」って言ってみたところこうなりました。

 

自信って言葉を言うと、その通り確信とか自身とか自分自身をあらわすゴールドが一番強くなります。

 

 

「喜び」って言うと身体と感情のところが振動するし、
「自信」って言うと同じく確信のところが振動して
言葉と意識がそのまんま身体の振動にストレートに出る方なんですね~。
(ストレートに出ない方もいらっしゃいます)

 

それとともに喜びも伝わってきます。

 

 

「私は優しさとぬくもりに包まれている」(左)
「私はゆるされている」(右)

「私は優しさとぬくもりに包まれている」(左)は
これまたその言葉のまま皮膚感覚がアップ。

 

ただ「私はゆるされている」(右)というのは
直感的というか、見えない本質的なものとの繋がりを感じるので
「許される」という言葉に対する感覚が
見えない世界とつながるといったイメージがあるのかもしれません。

 

 

Kさんの場合、自分の言葉に対するイメージが
そのまま波形にあらわれるのが興味深いです。

 

 

とても行動力があり、これからどんどん様々なことを学ぼうとしているKさん。
どんな風に変化していくのか楽しみです。

 

きっと成長とともにまた波形も変化していくことでしょう。

 

変化したころまたお会いするのを楽しみにしています。

 

 

 

ヴォイススキャンセッションは街中の静かなカフェなどで行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

真理のプログレス講座

プログレス講座15期は10/27(日)開講!
満席となりました。
第16期受講ご希望の方はご連絡下さい。