無限が大前提

昨日は真理の師匠 大津和壽先生のセミナーでした。

 

テーマは「無限」

「無限を基本、大前提にする」ということ。

 

私達の本質はもともと「無限」であり
個人ではなく「みんな」が基本。

「みんな」というのは人間だけではなく
地球に住むすべての生命体。

 

 

大津先生と出会った2003年当時から
私達はそもそも完全な存在であり、
無限能力者、全知全能なのだと教わってきました。

 

もともと完全だけれど、
体験するために完全を忘れ、不完全を創り出してきたのだと。

 

その大前提はずっと忘れてはいないけれど
どこまでそれを肚に落として、
それをちゃんと体現してきたかということを考えていました。

 

 

無限の能力、無限の才能が私達。
完全健康を基本にする。
純粋な無限の愛が自分であることを認める。

 

 

エナジーワークはまさにそれを体験するものでした。

 

 

無限のわたしである創造の源の案内があると
とてもあたたかな温泉みたいなエネルギーに
包まれるというより、自分がとけてそのものになって
ふつふつと湧いているみたいな感じから

 

やがて軽やかで精妙な白っぽい光となり

 

さらにグレートセントラルサンの黄金の光がほとばしる。

 

 

それを感じながら自分がもっているものが
どんどん緩んでいくような気がしました。

 

 

どうも私は段階を味わって
それを解明実証していきたいという変なマニアックさがあり
それをやりたがる趣味があるのです。

 

 

まるで1枚1枚気づいていなかった潜在意識の膜をはがしていくのを楽しむみたいな。
「な~んだ、実はこうなってたのか~」って。

 

 

それ、ほんと面倒で時間がかかるし、制限がかかってる。
自分で限界作って対処するのを遊んでるみたいな。

 

 

いちいち自分が持っていた無意識レベルの善悪に気づきながら手放すみたいな。

 

 

完全性を完全に認めたら一発なのに。

 

 

いちいち段階に合わせて対処しようとしていた

・・・ということは相手の中に限界を創っていたということでもあり
「そこまでしか行けない」と決めつけていたということであり

それは相手の完全性を完全に認めていないということであり
「本質を揺ぎ無く見る」と言いつつ
完全性を信頼していなかったということになる。

 

 

その揺ぎ無く、無限を認め、完全信頼する。

 

 

師匠に出会った時から教わってきたことだけど
それをまた心する時間でした。

 

 

大津和寿先生の仙台セミナーは毎月1回行っています。

次回は3月18日(水)エルパーク仙台セミナーホール2にて
13:00~ エナジーワーク(伝授者対象)8000円
14:30~ お話(どなたでも)5000円

以降4/16 5/20 6/16 会場と時間は同じです。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。