「HAPPINESS」と 「WHOLEBEING」

#ステイホーム だけど、とても忙しい毎日。

 

なぜなら早朝から夜遅くまで
セミナー、講演会、瞑想会に参加。
配信される映画、ステージ、動画を見て、ミーティングに参加。
オンライン率がめちゃ高し。
1日何度もZOOM。ZOOMがあたりまえ。

 

この状況の中、ネットの中ではあちこちで面白いことが起きまくってて、
参加したいものとか見たいものが多くて時間が足りない~。

 

 

コロナでこれだけ「あたりまえ」が変化しちゃうってすごい。
変化は徐々に起きたのではなく、
一気に新しい段階に移行している。

 

2020年は変化の年と言われていたけど
こんな変化が訪れるとは。

 

 

そして自分の中でもパラダイムシフトを起こすべく
いろんなことが起きている。

 

 

 

そんな中「With コロナ時代のHappiness」というオンラインイベントに参加。

もうひとつの講座がかぶっていたので半分しか聞くことが出来なかったけど、
そこで初めて触れたのがPERMA(パーマ)という言葉。

 

それはWell-Being(心身共に健康で社会的に良い状態)を構成する5つの要素で

P(Positive emotion)・・・ポジティブな感情
E(Engagement)・・・主体的に関わる
R(Relationship)・・・よい人間関係
M(Meaning)・・・よい意味づけ、WHY
A(Accomplishment)・・・達成、熟練
この5つが満たされているのがWell-Beingで

 

PERMA(パーマ)が高い状態を目指し、そういう人が増えていくことで
世界はどんどん素晴らしい状態になる。

 

Happyというのはポジティブ感情の一つだけど
Well-Beingと両方があることで「HAPPINESS」になる。

 

 

それから「WHOLE BEING」

人として、全体として(Wholeness)のWell-Beingが「WHOLEBEING」で、
継続的幸福の大切な5つの要素「SPIRE」モデルというものがあるそう。

 

S(SPIRITUAL)・・・意義ある人生を送り、今この瞬間をマインドフルに楽しんでいる
P(PHYSICAL)・・・身体を大切にし、体と心の繋がりを活かしている
I(INTELLECTUAL)・・・深い学びに主体的に関わり、経験を拡げている
R(RELATIONAL)・・・自分自身と他人と建設的な関係を育んでいる
E(EMOTIONAL)・・・すべての感情を感じ、レジリエンスと楽観的視点を得ている

 

今回登壇されたタル・ベン・シャハー博士(ハーバードの人生を変える授業をされた方)は
Happiness is the experience of wholeperson well-being.
と仰っている。

 

 

Whole・・・すべてにおける状態というのが重要。

 

 

これから向かう世界の指針としてすごく共感する。

 

 

 

昨日の夜は真理の仲間でZOOM「曼陀羅ミーティング」を行った。

 

なかなか直には会えないけど、こうやって繋がっていることを感じられるのは嬉しい。

それぞれが中心を定めて成長しながら
みんなでに有機的な大きな曼陀羅になっていける世界を創りたい。

 

 

 

まずは自分の「HAPPINESS」 「WHOLEBEING」を創って
みんなで共に響きあっていこう。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2020年秋開講予定です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。