内なる光が放射される

今日は真理の師匠大津和壽先生のセミナーでした。

毎年8月はセミナーお休みなので2か月ぶり。

 

伝授者対象のエナジーワークでは
最初すべての色を含んだような白い光が降り注ぎ、自分の中に浸透すると
私をかたちづくる細胞や微生物がみんな様々な色合いで振動し共鳴し響き合う。

私がまさに光の集合体であるということがわかる。

 

そうしているうちに今度はハートの内側から
どんどん光が立ち上がってきて
細胞や微生物など「あらゆる私」を通して光があふれ、どんどん外側に放射されていく。

 

その光は尽きることなく
常に源から供給されつづけ、立ち上がり続ける。

 

 

光が降り注ぐこと=光が立ち上がること
天上=中心
自分の内側からすべての方向に光があふれ
そのなかに自我が溶けていく。

 

 

肉体このままで光そのものであり真我そのもの。
それがリアルに感じられたエナジーワークでした。

 

 

そしてお話もそういうこと。
もはやジャッジとか二元的なものはない。

 

真理の概念をつくるために私は講座で抽象度の高い話をしてるけど
こうしてエナジーワークを受けることで
それをそのまま体感できる。

 

その両方がないとなかなか自分のものにならないし腑に落ちないのだよね。
本当にどっちも大切。

 

だってエネルギーだけ漠然と感じても
それが何かわからないと応用できない。

ただ何となく気持ちいいで終わる。

 

私も最初の頃は何にも感じなかったからな。
やっぱり繰り返し体験することが大事。

どんなにゆっくりでも確実に進む。

でも最近はみんな感じるの早いけどね。

 

エネルギーと概念が一緒になると理解したぶんだけ使える。

 

そして自分が進めば、その感じ方と理解度がどんどん深まっていく。

本当に面白い。

 

 

大津先生のセミナー今後の予定は
10/14(水)エルパーク仙台セミナーホール2
11/23(月祝)エルパーク仙台セミナーホール2
12/22(火)特別瞑想会 エルパーク仙台セミナーホール2
1/14(木)エルパーク仙台セミナーホール2

です。

 

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。