CMが読めると応用がきく

TBCアナウンス学院のプロ養成の実践コースの先生でした。
先週で司会が終わり、今日からCM読みです。

CMはスタジオ録音の前に原稿をいただくことが多いので
受講生のみなさんに原稿を渡し、下読みしてもらい、すぐに録音。

そこから講座がスタートします。

CMってたった15秒とか20秒の中で表現するのだけど、
ただ何も考えずに読むと、聞いた時に残らない。

 

しかも文が体言止めになっていることも多いので
語尾にちゃんと意識を込めないと
中途半端な音程になってしまって伝わらない。

文脈を考えて読まなくてはいけないし、
何が意図されているかも把握する必要がある。

そこにこめられた想いやシーンも感じてないと
声にそれが載らない。
例えば、喜びとか希望とか。
どんな世界が展開しているのかとかね。

そういったことも細かく解説しながら
具体的に指摘して、具体例をやってみせながら指導していくので
みんなメキメキ成長するのです。

その変化を見ているのは楽しくて面白い。

ただ、今はCM自体が減ってるのかとても残念。

昔は分刻みでスタジオを移動しながら
毎日のようにCM読んでいたこともあったけど
今はネットの時代になったからねー。

でも、CMが読めるようになることで
長い文章が読めるようになるのはもちろん
声のコントロール力、表現力がつくので
司会はじめ他の仕事に応用がきくようになるのです。

 

みんながどれだけ変化成長するか楽しみです。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。