コミュニティは嬉しい。天使の朗読会

昨日はひでたろうさんの天使の朗読会。
先月は中止になったので2か月ぶりの開催。

みんなで集まって、
読みたい絵本を持ち寄って朗読する。

そしてみんなでお喋りをして、
その月お誕生日の人をお祝いしてケーキを食べる。

自分のお誕生月に出られなかった時は
参加出来る時までそのまま繰り越されるので
何か月先だろうと、みんなにお祝いしてもらえる。

特別なことをするのではないけど、
ただただその時間が幸せ。

 

このゆるさとあたたかさが
日常の豊かさを感じさせてくれるとても幸せな会。

 

 

主宰のひでたろうさんが闘病中で
先月は体調が思わしくないからと中止になったんだけど、
みんなでひでさんの復活を願って
メッセージ付きでそれぞれの写真を送った。

(全員の各メッセージの頭文字を繋ぐとひでさんへのメッセージになる)

みんなからの愛が届いたようで、ひでさんが元気になってたのは
すごく嬉しい。

 

主宰のひでさんが特別「何をする」ってわけでなくても
そこにひでさんがいるだけで、みんな嬉しくて、
そこがちゃんとひでさんコミュニティの場になっている。
ひでさんが大好きな人達の場。

コミュニティって色々あるけど
目的があって、みんなでそこに向かうってのも素敵だけど、
「ただみんなでいるだけで幸せ」ってコミュニティってすごくいいなって思う。
存在を喜んでいる感じ。

 

 

メンバーも参加出来る時もあれば出来ない時もあって、それもいい。

 

これから、ますますコミュニティの時代って言われているけど、
いくつものいろんなコミュニティに関わって、
ゆるやかに繋がって、多層的で、それぞれが心地よいっていうのがいいなって思う。

 

 

この天使の朗読会とはまったく別に、
以前学んだオンラインの講座に参加したメンバーとファシリテーターのみんなで作っている
ゆるいコミュニティにも私は参加しているんだけど、
そちらは毎月1回誰かがミニセミナーをやって、それを体感して感じたことをシェアしあうってことをやっている。

もう1年以上続いている。

 

 

お互いがよくなるようにって、忌憚のない意見を聞けて、気づきになる。

こういう学びのための自主的なゆるやかな集まりっていうのも楽しい。

 

コミュニティの繋がりって、これからますます重要になっていくんだろうな~。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。