天使の朗読会と日本のゴスペル

昨日は天使のひでたろうさんの月イチ恒例朗読会でした。

 

 

毎回希望者が読みたい本を読んだり、
時には演奏や、ダンスや、パフォーマンスがあったりと
とても幸せな時間と空間。

 

さて、今回はインプロのリッキーと花乃ちゃんが
「男性をふると時間が戻っちゃう男女の会話」を。

なんとも不思議な不条理な物語と
その掛け合いが面白すぎて
みんなで笑いながら聞く。

 

 

そしてこの日のメインは
桐島レンジさんとかずぴょんによるパフォーマンス。

 

アメイジンググレイスに集約されるように
日本の童謡が展開していく。

アレンジされた童謡を聞いていると
その切なさはたしかにゴスペルなのだと感じる。

インストのギターで演奏されていても
ちゃんとハートの中で言葉が響く。

 

日本語ってひとつひとつの音に響きと深さと
豊かな世界があって、
それが醸し出されるのだ。

そこに特攻隊員みたいなかずぴょんが
元素記号を語ったり、
歴史と世界が交錯する。

 

とっても面白い世界だった。
以前定禅寺通りで行われたパフォーマンスの動画を見て
ナマで見たくてお願いしたんだけど
リクエストしてよかった~!!

 

 

そして、ROCK仲間のレンジさんが参加してくれるということで
私も久々にROCKの詞の朗読をしてみた。

 

311の「Golden Sunlight」と
The Beatlesの「Let It Be」

 

音楽と一緒にその詞を語るのってやっぱり好き!

 

 

そして珠ちゃんは自作の詩
「光と闇と真なる愛についての断章」

これは10/3の朗読会に私が読む予定。
お申し込みはこちら
https://www.kokuchpro.com/event/3eb8f3f1c7869b57611f73b2a0b3843b/?fbclid=IwAR3PFEAAqc7Umdg2AsesMO2_0S5T8GKYgiVq7TvutwfAs35dfGYbBJtHIjQ

 

 

そしてそして主催者ひでさんによるショートパフォーマンス(?小噺?)
この笑顔を見たくてみんなで集まってくる。

 

 

みんなでケーキを食べて、お喋りして
それぞれがあらわすものを共有して楽しむ
とっても豊かな時間。

 

まもなくスタートしてから5年になる会。
この幸せな時間を本当に大切にしていきたい。

 

 

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。