プロセスエコノミーと物語(Com.Labライブ)

「プロセスエコノミー」という本が売れている。
私は購入して読んではいなけど。

どういうことかというと
プロセスを販売するというマーケティングのこと。

要するに、何かが出来ていく過程を販売する。

それに対するものがアウトプットエコノミー
つまり普通の販売。
出来上がった製品を売る事。

今は情報も物も溢れているから
同じものを買うにしても
誰から買うか
どんな物語に心動かされて買うか
という選択になってきている。

共感の時代。
そして体験の時代。

 

広い意味で言えば
キンコンの西野氏がやってることも
クラファンも
ニジプロジェクトも
もっと前だとAKBも
みんなプロセスエコノミー

最近で言えば、私はBoys Group 「BeFirst」のプロセスにはまっていた。

そこには1億自腹で出費したプロデューサー・スカイハイの熱い想いと
音楽に対する深い愛があり
だからこそ紡がれる言葉に共感したから。

ものすごくピュアで、ロックなスピリットを感じたから。
どれだけ音楽と一体化していくかという愛を感じたから。

そしてそれに呼応して純粋に音楽と向き合い
成長していくメンバーを見ていたから。

これからますますプロセスエコノミー
共感・共有・体験の時代になるんだろうな~。

そういったことについて色々と話しました。

Com.Labコムラボ(コミュニケーションラボ)にはアーカイブがあります。
https://www.facebook.com/groups/243694887272860

 

よかったらYou Tubeに動画があるので見て下さいね~。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。