プライドと自己信頼

プライドと自己信頼ってすごく関係あるな~って思うことが多い。

 

プライドってほとんど
「こう見られたい」
「素敵な私でいたい」っていう他人目線からきている

なぜそうなるかっていうと
多くの場合、自己信頼、自己肯定感が低いから。

 

自己肯定感が低いと
「どうせ私なんて」ってなるか

「素敵な自分でなくてはいけない」って思って
無理して自分を作ったり(演じたり、鎧をきたり)
人をマウンティングして自分が優れていることを示そうとしたり
自己重要感をアピールすることになる。

本人が隠したいと思ってること(恥ずかしいと思ってること)が
実はそう思ってるのは本人だけで

ほんとはどうしようもないところが
人間的な魅力だったり
しょーもないことがかわいかったりするわけで

そういうことはとっとと開示して
ブラックな自分を見せちゃったほうがいい
(ブラックってほんとは愛されポイントなんだよね)

シェアしちゃったほうがいい

世界は本人が思っている以上に優しいし
本人が思っている以上に興味ないし
(みんな自分にいちばん興味ある)

誰から何を言われようと
ありのままの自分がほんとは一番素敵なんだとわかっちゃうと
(世界のほんとうの仕組みと素晴らしさがわかると)
自分を信頼できるようになって来るし
プライドなんてじゃまだってわかるし

 

この世界で生きることが
魂の底からめちゃくちゃ楽しくて幸せなんだって
わかっちゃうんだよね~。

そんなことも含めて
世界の素晴らしさに目覚める真理のプログレス講座は
まもなく4/9開講です。
残席1です。
すべりこみお待ちしています。

真理のプログレス講座

プログレス講座15期はこの秋開講予定です。
日程調整可能ですのでご希望の方はご連絡下さい。