~すべき~ねばならないを手放す

他の人に対して
「~すべき」があるとやたら腹立たしくなってしまいますが
それって、同様に自分にも制限をかけているはずです。

 

しかもこの「~すべき」「~ねばならない」は
けっこう「良きこと」と思われることの裏に隠れています。

 

 

例えば「約束を守る」のは人としてあたりまえで、
人間関係においては大切なこと。

それは当然なんだけど、
「たとえどんな場合においても約束は守るべき」
とかになっちゃうと、
自分をあまりに縛ってしまうことになりかねません。

 

私は以前これが強かった。

どんなに体調悪くても仕事はやるべき
どんなに体調悪くても自分の講座なんだから打ち上げには行くべき
他人には絶対迷惑かけちゃいけない

みたいにね。笑

今はかなりゆるくなったけど。

これって掘っていくと
子供の頃親から「他人に迷惑かけちゃいけません」
って言われてきたことに辿りつく。

 

 

甘えるところは甘えていい。
信頼してお願いしていい。

自分を大切にしていい。

 

「絶対」はいらない。

自分を大切にして
自分に優しくなると
他の人の様々な事に優しくなれる。
大切に出来るよね。

自分にとってのあたりまえで
しかも「良い」と思ってることの中にかくているから
そこ、みていくといいかも。

ヴァイブレーションヴォイス講座

プロのアナウンサーを約30年養成し、セラピストも養成している仙台のフリーアナウンサー及川徳子によるオリジナルの講座です。どなたにも有効です。
5/22(水)参加募集しております。