ブックカバーチャレンジ②

#STAYHOMEで、

読書文化の普及に貢献するための7日間ブックカバーチャレンジ②

 

大好きなバンドマン二人の本を。

 

 

こちら、ふざけてカリメロみたいなヅラをかぶった清志郎さん

 

 

言わずと知れた二人。

 

1979年大晦日浅草ロックフェスティバルの中継で見たRCサクセションは
本当に本当に衝撃で、
「わぁああああ!なんだこれ、カッケー!!!」と心を鷲掴みされた。

 

そして1980年50人くらいのオーディエンスの仙台の小さなライブハウスで
目の前で展開されたロックンロールショウで完全ノックアウト!

 

とにかく会ってみたい人NO,1となった。

 

 

そしてインタビューで実際会った時の感激は忘れられない。

 

しかもステージとはまた違う、繊細さが伝わってくる二人。
(お会いしたのはバラバラ)

 

清志郎さんが一人でいるところに声をかけると
ちょっとキョドる小動物のような繊細さを持っているのに、

別のタイミングでユニット組んでた三宅伸治さんのインタビューに楽屋に行った時は
わざわざ三宅さんのためにインタビューに乱入してくれる優しさを感じた。

 

 

チャボさんは会うとすごくフレンドリーなんだけど
大人数でつるんでわいわいするのも好きじゃないようで、
イベントのリハ中もいろんなバンドの連中と交流深めるよりも
車の中で一人で過ごして、イベント終わると奥様のおおくぼひさこさんと帰っちゃうような
ナイーブな少年のようなところがある。

 

 

こんな二人だからきっと気が合って
若い頃はちっちゃい部屋で一緒に音楽聞いてたりしたんだろうな~。

 

 

本当に本当に音楽がとにかく好きな少年だったってことがわかる。
そしてハートはそのままで年を重ねた。
チャボさんなんて今年で70だもんな~。

 

 

本当に大好きな二人。

 

清志郎さんとはもう会えないし、
今はチャボさんのライブに客として行くぐらいだけど
この二人と会えたことや、何度もインタビューしたことは
本当に宝物。

 

 

ちなみにインタビューの時はやはりアーティストTシャツをセレクト。
基本。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2020年秋開講予定です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。