想いが波形となるヴォイススキャンセッション

今日はRさんのヴォイススキャンセッションでした。

 

まずはいつものように6秒間名前を録音します。
3年前(左)と今日の波形(右)を比べてみました。

 

Rさんは女性管理職でバリバリ働いています。
男性にも多いのですが、仕事をしっかりこなしている人って
全体的に波形が出やすい人が多いのです。

 

 

そんなRさんですが、3年前と比べてみると
明らかに自分を出しやすくなっています。

そして以前より思考がおさまり
自分の感覚があらわれてきている感じです。

 

伺ってみたところ、Rさんの上の人も変わり
以前よりずっとやりやすくなってきているそうです。

 

 

魂のプログラムをみても
いのちの言葉で人を導くリーダーであることは明らかなので
自分を信頼してあらわしていくというところが
以前より表に出てきているのですね。

 

そして3年前はもっと自分を出そうとか
もっとコミュニケーションしようという意識が強かったと思うのですが
今はそれが出来るようになってきて
さらにみんなのための貢献っていう風に向かっているようです。

 

 

 

さて、Rさんの学びの対象であるお母さま(左)とご主人(右)のことを録音してみました。

 

お二人とも体感の反応が顕著です。
まず身体で反応している感じです。
皮膚感覚もそうだし、行動も反応的。(笑)

 

生理的に反応しているみたい。

まあ、この辺はすぐには無理でも、
日常的に少しずつ意識的にやっていくのが必要でしょう。

 

 

反対に職場のこと(左)
そしてありたい自分「私は優しい天使」(右)と録音してみました。

 

波形が明らかに変化しました。

 

職場では指導的立場であり、
これから後進を育てていきたいと強く思っていらっしゃるので
貢献のところと、洞察、本質を見ていくという波形が強くなっています。

 

自分を出すより、「よりよい未来、みんなのために」
という意識が明確にあらわれました。

 

そして右の「私は優しい天使」というのも
自分というよりは、みんなを許し、抱擁する懐の深さみたいな感じで
これから仕事でやっていきたいことと繋がっています。

 

なので言葉は違えど向かいたい思いは一緒。

 

魂のプログラムでも育む、ベースを創るという役割があるので
まさにこれからそれをメインにしていくことでしょう。

 

Rさんの場合は学んできたこと、想いを
仕事の中であらわしていくのだなぁと感じました。

 

 

それにしても声って面白い。
想いによってベクトルが変わり波形が変わるので。

 

 

 

 

ヴォイススキャンセッションは街中の静かなカフェなどで行います。
様々な言葉を録音して解析、アファーメーションを探し
魂のプログラムもあわせて紐解いていきます。

 

Zoomでもセッションは可能です。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2020年秋開講予定です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。