進路についてのヴォイススキャンセッション

進路について検討中のHさんのヴォイススキャンセッションでした。

 

まずはいつものようにお名前を6秒間録音します。

 

 

まず表面意識を見ると
目の前の人に共感したり、チューニングしたりというところが
より振動しています。

それに対して潜在意識を見ると感情が豊かで
身体の感覚の方が優位で
深いところで自分を表現したいとい感じが見て取れます。

表面意識は言葉とかコミュニケーションの方に傾いているので
おそらく他の人の言葉を聞いて、
情報を集めて納得することで進める感じで、
もしかしたら色々な人の意見によって影響を受けているのではないですか?
と言ったら、その通りとのことでした。

他の人にチューニング出来るのは優しさではあるのですが、
自分を定めていないと振り回されるということが起きてしまいます。

 

でも本来Hさんは自分があって、それを表すことが喜びだし
本当は自分の感情に従って楽しくなっていくタイプ。
感情が豊かで才能あるれる方なのだと思うのです。

潜在意識で沢山振動しているのに
それが表面意識に出せていない感じがあります。

魂のプログラムを見ると、言葉のプログラムがあるので
言葉を使って導くリーダー的な役割を果たすことが出来ますが、
今はちょっと外の方の言葉が気になってしまうのかもしれません。

 

 

そして基礎土台を創り上げていくプログラムもあります。
ただ、イチゼロというか、白黒のどっちかに決めてしまいがちで
「こうすべき」「こうあるべき」が発動しやすく
自分に厳しくなりがちなので、
グレーというか、曖昧さを自分に許してあげると楽になりそうです。

 

 

それから色々なことに気づくプログラムもあります。
器用で、細かいことが得意だし
他の人が気づかないことまで気づくので、
色々なことが気になってしまうことが多いでしょう。
でもそれは才能であり、
配慮が出来たりとても優しい方なのだと思います。

それから音楽の才能も出やすいです。
伺えば、ご自分で音楽を作って表現活動もされているようでした。

 

今後の進路に関して検討中ということで
「IT」(左)
「プログラマー」(右)
で録音してみました。

 

 

ITだとざっくりしているせいか反応がイマイチ。

それに対してプログラマーは「自分」がすごく出てきます。
確信となるものが深いレベルで振動し
表面意識、さらに向かおうとする未来まで繋がっています。
そして嬉しそうです。

 

行動にもあらわれていきそうです。

 

さて、進路のABCを録音してみました。

 

大きく変化はないですが、
Aは感情が反応していて
Bは自分の才能を出しやすそうで
Cは確信を持てそうです。

 

どれが特別に振動しているということはないので
どれを選んでもいいと思うのですが、
本人の奥深いところでは決まっていることが多いです。

これは私の場合ですが、
横並びでどれを選んでいいかわからない場合、
「もしそれを選ばなかっとしたら後悔とか残念な気持ちが起きるか」
という風に自分に聞きます。

 

 

それから最後に「デザイン」で録音してみました。

 

これはいい感じ。

嬉しそうです。
そして自分を出しやすそう。

音楽も作っているということですし、
クリエイティヴなことに才能を発揮出来そうです。

 

Hさんの場合自分を表現していくということに喜びがあるし
豊かな才能が沢山あるのだと思うので
自分を信頼して進んでいくのがよいのではないでしょうか?

今、「これ」というものが見つかっていなくても
進んでいくうちにきっと明確になってくるはずだし
やがて必ずあらわれてくる「自分の喜び」が
ちゃんと見えないレベルで振動しているので
これからどんな風に立ち上がってくるのかとっても楽しみです。

 

Hさんのこれからが楽しみですし、応援しています!!

 

 

ヴォイススキャンセッションは対面でもオンラインでも可能です。
只今ヴォイススキャンセブンレイヤーズリリース記念価格で行っています。
こちらの詳細をご覧下さいね。

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。