涙の満月瞑想

今日はおとめ座満月。
初めから涙が止まらず、ずーっと頬を伝っていた瞑想だった。

自分のための記録としてここ書いておく。

 

自分の中で太陽と、月と、金星と、地球が
重なり合い、全部一体となって存在している。

 

そのひとつになったエネルギーを感じる一方で
「太陽」って思えば黄金のエネルギーを
「月」って思えばイプシロンのエネルギーを
「金星」って思えば金星のエネルギーを
「地球」って思えばアースクリスタルのエネルギーを
それぞれ個別に感じ取ることが出来る。

 

 

そして光の庭の中で横たわる私の傷から黄金の光が漏れ出して
そこから若いいのちが次々に生まれ始まる。
それは倒れた老木から、新しい若葉が芽吹いてくるような感じ。

いのちの循環。

 

水の中にはオフィーリア。
あの、樹木希林が池の中に横たわってる感じ。
そこでもまたいのちの循環が起きている。

 

かつては遠くから、まるで絵画でも眺めるようにうっとり見ていた光の庭。
本当に美しくて、目をまるくして見ていて・・・でもその世界に入って触れたことが無かった子供の頃からの私。

 

それが今度は、光の庭で、木を抱きしめ、地面に寝そべったり、水の中に手を入れる子供の私がいて
その近くには父や母や家族も思い思いに過ごしている。

 

そして私が大人になった瞬間に、まわりには夫や友人達みんながいて
それぞれそこで好きなように楽しんで笑っている。

実は、光の庭はこんなに賑やかっだったんだ!

 

 

それは一言でいうと多次元とか多面体とか
そんな感じになっちゃうのかもしれないけど

すべてがここにあって、どこにフォーカスするかで
見えるものも感じるものも違ってくる。

 

小さなひとつひとつが愛しく、それぞれの世界を構成し
それと同時にひとつであるおおいなる世界。

 

本当に涙がとまらなかった。

 

 

そしてシェアの時間に、それぞれの感想と
多美恵ちゃんの昨日のオイルパステルの話を聞いていたら
その魂の喜びと振動が伝わってきて本当に幸せで
瞑想の中で感じた世界とこの世界がそのまま重なっていて、ひとつで
また涙がずっと頬を伝う。

 

 

最初からずっとあったのにね。
感じることで世界の豊かさと彩りの扉がひらかれるのだ。

 

そんな涙の満月瞑想。(曲のタイトルみたい。笑)

 

真理のプログレス講座

プログレス講座第17期は2021年開講です。
日程は未定ですが、ご希望の方はご連絡下さい。
カリキュラム詳細はこちらのリンクをご参考に。