羽賀ヒカルさんの塩竈神社参拝セミナー

  • 今日はローズの会主催、令和の幕開けの祭典で
    羽賀ヒカルさんによる塩竈神社参拝セミナーでした。

 

羽賀ヒカルさんは占術家で神社・神道のスペシャリストです。

 

 

今まで何度か塩竈様にお参りに行ってますが、
勉強もせずただ参拝してきただけ。

 

 

ですが、お参りする時はちゃんと功徳を知った上で、そこにいらっしゃる神様の御名前を呼んで参拝することが大事だそうです。

 

 

ということで伺った今日のお話はめちゃくちゃ面白かった!!!

 

なぜ今仙台なのか、なぜ今塩竈神社なのか!!

 

 

セミナーで教えていただいたことを書くとめちゃくちゃ長くなるのでざっくり書くと
東日本大震災以来、日本全体の流れ、宇宙の流れが変ってきていて
仙台と塩竈神社のエネルギーはとても重要であるというのです。

 

 

塩はエネルギーの根源であり、生命の源。
神様への捧げものであり、
悪い情報を浄化し、新しいよい情報、記憶をとどめる役割があり
塩竈神社は「潮目」「潮流」を司る重要なエネルギーを持っているとのこと。

 

 

塩竈神社の左右宮拝殿には武甕槌命(たけみかづち)と経津主神(ふつぬし)が祀られ
別宮拝殿には塩土老翁神(しおつちおうじのかみ)が祀られています。

 

実はこの三柱が祀られていることに深い意味があったのでした!

 

 

これまたざっくり云うと武甕槌命はアクセルであり、感情、右脳
経津主神はブレーキであり、理性、左脳
そして塩土老翁神はそのバランスを調え、どの方向に在りたいかという意志・氣を決めて行くハンドル
まさに塩は意識が宿り、高めていく役割を持っているというのです。

 

 

それを「海幸彦山幸彦」の神話を掘り下げながら教えていただきました。

 

 

人の成長は恐怖心を越えて新しいステージにいくために
過去の価値観を壊す、アイデンティティクライシスが起き、
メンター(シオツチ)と出会い、
本来の目的を思い出し、
今までの価値観から卒業し、新しい時代の価値観をつくるという流れ。

 

 

さらに塩土老翁神は「花咲か爺さん」の働きがあり
花開くタイミングの導きを与えるのだそうです。

 

 

これから日本が変化していく大きな流れ(潮流)の中で
仙台、塩竈のエネルギーが活性化していて、大きな役割をになっているというのです。

 

さらに塩竈神社の隣の志波彦神社をいつもスルーしてしまっていたのですが
いい意味の幸せをあらわし、導く役割があるということなので
今後はスルーしないようにします!

 

 

そして、最後にお参りのし方や、文言、祝詞をレクチャーしていただき
参加者での塩竈神社特別参拝となりました。

 

 

これから塩竈神社に行く時は今日教えていただいたことをちゃんと感じて
お参りしようと思います。

 

 

そして夜のセミナーでは仙台の意味、
仙人のヒミツ、神仙界のお話、徳積みのお話などを伺いました。

 

 

「へ~!!」が一杯のとっても面白いセミナーでした。

 

さて、いよいよ明日9/8(日)は
映画「美味しいごはん」の上映と
ゆにわのちこ店長と羽賀ヒカルさんの講演会です。

 

 

明日もとっても楽しみ!!
ドタ参加もOKですので、ジャズフェスの合間に是非ご参加下さい。

ヴァイブレーションヴォイス講座

プロのアナウンサーを約30年養成し、セラピストも養成している仙台のフリーアナウンサー及川徳子によるオリジナルの講座です。どなたにも有効です。
12/15(日)参加募集しております。