ドキュメンタリー映画「PRISON CIRCLE」を見た!

ドキュメンタリー映画「PRISON CIRCLE」を見ました。

 

本当に本当に素晴らしくて、感動!!

みんなに見て欲しい。

特に心を扱うお仕事、真理を学んでいる人は絶対見た方がいい!!

 

残念ながら昨日が仙台上映最終日だったけどまた上映してほしい。
(クラファンだったからもしかしたら自主上映とかあるかも)

 

 

珠ちゃんに絶賛お勧めされて昨夜行ったら
お勧めされてやってきた温泉部メンバーがみんないた!(笑)

 

 

 

 

さて、この映画は取材許可まで6年、撮影2年
初めて日本の刑務所にカメラを入れたドキュメンタリー。

 

そこは「島根あさひ社会復帰促進センター」官民協働の新しい刑務所。

 

そこでは日本で唯一「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムが導入されている。

 

それは受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促すというもの。

 

通常刑務所の中では私語禁止だけれど、
このTCではテーマに応じてみんなでそれについて語り合う。

 

窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死などで服役する若者が
幼い頃に経験したいじめ、虐待、差別、貧困について語る。

 

 

もちろん最初からすぐ語れるわけではない。

自分がやってきたことに罪の意識すらなかったり
感覚がよくわからなかったり。

あまりの辛さに記憶をブロックして消していたり。

 

 

でもお互いの話を聞いたり、小さなグループでシェアをして感じたことを言い合ったり
自分の犯罪に関わる人物の気持ちをお互い演じるなどのロールプレイングをしたり
TCのプログラムをまわしていく専門家の方と個別に話をしたりしながら
少しずつ少しずつ、自分の心の中にあった悲しみ、怒り、恥辱など様々な感情と向き合い
それを表現する言葉を獲得していく。

 

 

TCのファシリテーションは専門家だけではなく
TCを受けて変化してきた受刑者の場合もあるし
話すグループのそれぞれの繋がりの中で化学反応が起きていく。

 

刑務所という特殊な場所と受刑者がそこにはあるけど
「ああ、こんな人たちもいるんだね」という特別な離れた世界ではなく
彼らの心の中に起きていることは
みんな私達一人一人の中で起きていることとなんら変わりはないということがわかる。

 

たまたま罪を犯すという方向にあらわれただけだし、
そしてそれを掘り下げていくと
すべての人の中にある本質的なものが見えてくる。

 

「自分と向き合うこと」
それを安心してシェア出来る場、信頼、人とのつながり
この共同コミュニティがどれだけ重要かがわかるし

人間って素晴らしいし、その可能性と深さに感動する。

 

そしてそんな場が沢山ある世界を創っていくことが
やりたいこと。
地球家族。

 

 

すべての人の中にある純粋で美しくて愛しい尊いもの
「御霊」と私達は言ったりするけど
どんな状態でもそこを見続けることがどんなに大切か
ダイレクトで胸に入ってくる。

 

 

本当に機会があったら、是非沢山の人にみてもらいたい。

 

 

 

【TCとは】

Therapeutic Communityの略。「治療共同体」と訳されることが多いが、日本語の「治療」は、医療的かつ固定した役割(医者―患者、治療者―被治療者)の印象が強いため、映画では「回復共同体」の訳語を当てたり、そのままTCと呼んだりしている。
英国の精神病院で始まり、1960年代以降、米国や欧州各地に広まった。
TCでは、依存症などの問題を症状と捉え、問題を抱える当事者を治療の主体とする。
コミュニティ(共同体)が相互に影響を与え合い、新たな価値観や生き方を身につけること(ハビリテーション)によって、人間的成長を促す場とアプローチ。

 

詳しくは映画「プリズンサークル」のHPを見てね。

真理のプログレス講座

プログレス講座16期は4月18日開講です。
只今お申し込み受付中。
お申し込み、カリキュラム詳細はこちらのリンクから